礼拝案内


聖餐式

 教会の礼拝の中心は、毎日曜日に行なわれる「聖餐式(せいさんしき)」です。

*日曜日のことをキリスト教用語では「主日」と言います。主イエス・キリストが復活された毎週の記念日で、すなわち「主の日」だからです。

 

 主イエス・キリストは十字架につけられて処刑される前晩、それまで行動を共にしていた弟子たち(12人の使徒)とともに夕食をされました。この食事こそが有名なレオナルド・ダ・ビンチによって描かれた「最後の晩餐」です。

 

最後の晩餐における主イエス・キリストの行為に基づいた聖なる食事は、イエスの死後、その教えの通りに約2000年間「記念として繰り返し行われ」てきました。教会はその教えを守り、今日まで生き続けてきたのです。この聖なる食事が聖餐式です。

 

 

 生き方を求める方、心が疲れた方、重荷を負っている方は是非とも日曜日の礼拝にいらしてください。そしてその日に朗読される聖書に記された私たちの主イエス・キリストの教えを通して真理に触れてみてください。きっとあなたにとって最高の気づきと生きていく気力が与えられるものと思います。

 

主日聖餐式

第1、第2、第3、第5日曜日 7:00 /10:30

7:00からの聖餐式は現在休止中です。

み言葉の礼拝

第4日曜日    10:30

 

平日聖餐式

毎週火・金曜日 10:00

朝・夕の祈り

朝夕の祈りについて

 

 

礼拝時間

朝の祈り 平日 火〜土曜日   7:00(休止中)

夕の祈り 平日 火〜土曜日 18:00(休止中)

夕の礼拝 日曜日      18:00(休止中)